トップページ  >  JAについて  >  JAの概要

JAの概要

名称

北越後農業協同組合 (JA北越後)

設立 平成2年2月1日

1市3町1村の7JA(新発田市・佐々木・豊浦・聖籠町・加治村・金塚・紫雲寺町)が平成9年8月1日に合併し設立

出資金

32億1,192万円
(平成28年3月31日現在)

主な事業実績

  • 貯金         862億8,469万円
  • 貸出金        281億3,994万円
  • 共済保有高      4,724億2,926万円
  • 販売品販売高     93億7,661万円
  • 購買品供給高     36億7,830万円

(平成28年3月31日現在)

代表者

経営管理委員会 会長 石山 正博
経営管理委員会 会長
石山 正博

組合員数

  • 正組合員 8,970人
  • 准組合員  8,434人
  • 計    17,404人

 (平成28年3月31日現在)

役員数

  •  経営管理委員 16人(うち 常勤1人)
  •  理事 3人(全員常勤)
  •  監事  3人(うち 常勤1人)

(平成28年7月1日現在)

職員数

  •  職員 379人

(平成28年3月31日現在)

地域概要

  • 位置

    当JAは新潟県の北部に位置し、新潟市からは約30km。北西部は日本海に面し、東部は飯豊連峰の山岳部を境に山形県に接しています。


  • 地域概要

    地形は東部より西部に向かって傾斜し、飯豊連峰に源を発する加治川とその支流は、管内を貫流し日本海に注いでいるため、河川流域には豊かな大地が開け、「北蒲原の穀倉地帯」となっています。 新潟市を結ぶ国道7号線、日本海東北自動車道・盤越自動車道・上越新幹線などにより首都圏への交通網も整備されています。


  • 農業概要

    農産物形態は山岳部から海岸平野部まで、多様な条件を備え良質米産地でもあり、葉タバコ・肉畜・果実・野菜・花卉なども定着しています。


  • ≫詳しくはこちら



経営理念

地域の農業と生活を守るためJAは存在する


1.「持続可能な農業」を創造する

  • ・自然環境を守る農業
  • ・つねに新しい価値を創造しつづける農業
  • ・後継者が夢と希望をもてる農業

2. 「安全安心な食と生活」を提供する

  • ・安全安心な農産物の提供
  • ・安全安心な食生活の支援
  • ・安全安心な暮らしの確保

3. 「農業経営の喜びと魅力」づくりに貢献する

  • ・農家経営の安定と向上への貢献
  • ・自立連帯型の新しい経営スタイルの創造
  • ・農家の独自性を活かした経営支援とネットワークづくり

4.農を核として「北越後の地域価値」を高める

  • ・未来につながる土づくり、種づくり、苗づくり
  • ・地域の特性を活かした特産品づくり
  • ・北越後のイメージアップと地域ブランドづくり

5.「信頼され必要とされる」JAづくり

  • ・地域の人たちに愛されるJA
  • ・困ったときに頼りになるJA
  • ・新しい時代を開くたくましいJA

6.人が共に育つ「やりがいのある職場」づくり

  • ・仕事に誇りを持って働ける職場づくり
  • ・個性や専門性を活かし合える職場づくり
  • ・自発性を重視する前向きな職場づくり

ディスクロージャー

金融円滑化に向けた取り組みについて

反社会的勢力への対応に関する基本方針について

利益相反管理方針について

利用者様からの信用・共済事業にかかるお申し出に対する対応について

プライバシーポリシー(個人情報保護方針)

情報セキュリティ基本方針

金融商品勧誘方針

コンプライアンス基本方針

JAバンク利用者保護等管理方針

決算公告