トップページ   >  新着情報   >  【トピックス】「なでしこカレッジ」で心に残る絵葉書を

【トピックス】「なでしこカレッジ」で心に残る絵葉書を

2018.07.24

思い出の品や旬の野菜で絵手紙を作る参加者
思い出の品や旬の野菜で絵手紙を作る参加者

日付7/14

 

 当JAは、JA営農センターで、ファンづくりプロジェクト「なでしこカレッジ」を開催し、管内より9人の女性が参加しました。参加者は、筆の持ち方や様々な技法を学び、それぞれが持ち寄った旬の野菜や思い出の品を題材に絵手紙を作成しました。

 講師には、日本絵手紙協会の澁谷泰子先生を招きました。参加者は「送る相手」をイメージし、心を込めて絵手紙を完成させました。「手紙を書く機会が減っていたので、新鮮な気持ちで体験できました。帰りに早速ポストへ投函したいです」と、完成した作品を見ながら振り返りました。

 今回が2回目の「なでしこカレッジ」は、JAの自己改革に盛り込んだファンづくりプロジェクト活動の一つです。「なでしこカレッジ」という名前は、JAが地域女性と共に展開する「女性大学」を呼び変えたもの。地域女性が同プロジェクトに対して、より親しみを持てるよう付けました。6月上旬の第1回目では「パーソナルカラー講座」を開きました。次回は8月に、(株)ライフサポート北越後の葬祭場「虹のホールしばた」で、座禅体験と葬祭マナー講座を予定します。

 同プロジェクトは、JAのファンを増やすため、これまでに「きたえちごマルシェ」(夏祭り)や「サムライカレッジ~男の料理教室」を実施しています。